電話:044-211-4182

神奈川県川崎市川崎区南町16-7 スカイビル3F

JR「川崎駅」東口徒歩7分平日20:30まで診療

川崎市川崎区,歯医者,歯科,川崎駅,きくち歯科クリニック,インプラント,ホワイトニング,日曜診療

インプラント


MOBILE SITE QRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

インプラントとは

インプラントは歯の無くなった部分の骨にチタン製の歯根を埋め込んで義歯を支える為、残っている他の健康な歯に負担をかける事がありません。また、違和感もほとんどありません。
当院で使用しているインプラントはストローマンインプラントとノーベルバイオケア社のブローネマルクシステムの2種類を使用しております。

インプラントの長所と短所

インプラントの長所

  • 残った歯を削る必要がない。
  • 残った歯に負担をかけない。
  • 違和感が少ない。
  • 審美性が良い。

インプラントの短所

  • 治療費が高い。(保険が適用されない為)
  • 治療期間がかかる。(インプラントと骨が結合する時間を待たなければならない)
    これらの短所を理解していただければ、快適な生活、食生活を送る事ができると思います。
  • 半年に一度必ず定期検診を受けなければならない。
    (ねじの緩みや噛み合わせを確認するため)
  • 骨の量が少ない場合、インプラントを適用できない場合がある。(そのためにまず診査します)

従来の治療法

歯を失った場合の治療方法はいろいろとありますが、大きく分けて取り外しのできる入れ歯、固定式のブリッジと言われるものがあります。
取り外しのできる入れ歯は大きい為、違和感があり、また残っている歯にバネがかかるため見栄えもよくありません。(総入れ歯ではバネはありませんが)

入れ歯の場合

奥歯を固定するために金属の支えを使用する例。
違和感があり、見栄えも良くありません。

総入れ歯の場合、入れ歯を固定する力が弱く、グラグラするので食べ物を噛むのに充分な力をかけられません。

どちらにしても、失った歯を残った歯、または粘膜で支える事になるため、残った歯の負担は増える事になります。

ブリッジの場合

ブリッジは周りの歯を大きく削らなくてはなりません。

固定式のブリッジは取り外し式の入れ歯ほど違和感はありませんが、両隣の歯を削らなければいけません。

神経をとらなければいけない症例もあります。

インプラント治療の流れ

  1. 診査と治療計画
    失われた歯の数、本数、骨の状態、位置などにより様々な選択肢があります。
    口の中の全体的な状態を診査し、相談の上、治療計画を立てていきます。
  2. 一次手術
    顎の骨にインプラントを埋め込みます。
  3. 治癒期間
    一次手術後1.5ヶ月~3ヶ月程治癒期間を置く事で、インプラントと骨が強く結合します。
  4. 二次手術(※)
    歯ぐきを開いて人工の歯を取り付ける準備をします。
    この状態で歯ぐきが治るまで1~6週間くらい置きます。
  5. 人口の歯を作製・装着
    歯ぐきが治った時点で型を採り、人工の歯を作ります。

※手術は1度で完了する場合と、骨造成などを併用し複数回必要な場合があります。